cache_f7b1782e-b5fd-49a1-c9c5-9400166fe7
949.jpg
おすすめの症状

当院の脉診流経絡治療は、

慢性疾患であればどのような方でも、診れない症状はございません。

治るか治らないかは、手遅れかそうでないかというだけのことです。

軽い症状だからと言って我慢などせず、

可能な限り早期の来院をお願いします。

強いて言うなら私が最も得意な治療は、

自然治癒力・免疫力強化による​養生法・長命法としての治療です。

継続して治療すればするほど、

より壮健なお体へお導きすることができます。

ぜひ「完全無痛の鍼で快適生活」を送りましょう。

下記はついでにということになりますが、

参考までにおすすめの症状をご紹介いたします。

🔴忙しいビジネスマン、OL、管理職の方々に。
過労ストレスから来る腹部の不快な症状、
胃十二指腸潰瘍、心身症、慢性頭痛、肝臓障害、過敏性大腸炎、
OAなどによる長時間の目の使いすぎから来る、
頚、肩の凝り、目のケイレン、
手指の痛み、しびれ、女性の冷え性、腰痛症、低血圧症、に対して
経絡治療は自律神経のバランスを速やかに調整し、
リラックスした精神身体状態をつくり、
毎日の仕事をより快適にこなしていける体に改善していく事ができます。

 

🔴折角の旅行も、膝が痛くて…。
関節の退行変性から来る、
肩、腰、膝、肘の痛み、運動制限、各種神経痛の痛みの緩和、
ヘルペス、白内障、前立腺肥大、
脳血管障害の後遺症に対するリハビリテーションとして、
生命力を強化する経絡治療は無理なくお体を若返らせ、
心身ともに活動的な生活をするためのお役に立てると
確信いたしております。

🔴ご婦人の方々に。
更年期障害による頭痛、のぼせ、肩こり、不眠、
精神不安等の不定愁訴に経絡治療はホルモンバランスを調整し、
血液循環を改善し、不快な症状を緩和、除去していく事ができます。
また生理痛、生理不順、不正出血、子宮筋腫、不妊症、
妊婦の健康管理等婦人科系の種々の疾患に対して、

経絡治療は素晴らしい効果があります。

 

🔴成人病の予防管理に。
本態性高血圧症と診断され、長い間強い薬を服用し、
種々の副作用を心配なさっている方、
経絡治療により血圧を正常に近づけ、
お薬を減らしていく事ができます。
また慢性的な糖尿病、腎障害、心臓疾患に対しても
経絡治療の適切な継続により、
異常を示している各々の検査値が改善されております。
経絡治療は患者様ご自身の持つ本来の健康体へと
一歩一歩近づけていく治療法ですから、
他の薬物治療に見られる中毒性、副作用は一切ございません。

🔴健康な母親から良い子が育つ。
生活環境の悪化、食品添加物、
薬物等による異常出産が多くなっているこのごろです。
経絡治療によって、体のバランスを整え、つわり、流産、
奇形児を未然に防ぐこともできます。        
らくらくお産のための安産灸は、
妊娠5ヶ月位から三陰交穴のツボに、
知熱灸(熱くないお灸)をするだけでも効果があります。
例え逆子になっていても至陰穴のツボなどに治療しますと、
逆子体操という厄介なことはしなくてすみます。
(1~3日の間に正常になります)
妊娠は病気ではありませんから、数回の治療で充分です。
経絡治療をしていればかわいい赤ちゃんも元気に育って
お母さんも育児ノイローゼ等にならずにすむことになります。

うちの子は風邪をひきやすくて困る。
痛くない経絡治療なら、
幼児、小児、学童にも安心してお勧めできます。
根気の無いお子様、風邪をひきやすい虚弱体質、
アトピー性皮膚炎、小児喘息、夜尿症、仮性近視のお子様にも
継続的な治療により、体質を根本的に改善し、
体力があり、頑張りの利く体に育てていく事ができます。

🔴去年痛めた肘が未だ治らない。
テニス肘、ゴルフ肘、スキーの捻挫、
打撲骨折後のリハビリ療法として、
経絡治療は痛みの炎症を和らげ、
局部の循環障害を改善して
痛んだ組織の回復を円滑にする優れた効果があります。

🔴おくすりについて
経絡治療においてお薬は、
気や血の巡りを悪くし鍼の効果を妨げるものです。
薬と毒…、
自然界にとってはどちらも毒であるという意味でも、
なるべく必要最小限にしたいものですが、
患者さんにとっては飲むことで安心するといったことや、
急にやめるとかえって体の負担になることもあります。  
治療が進むにつれ少なくしていく事も可能ですので、
ぜひお薬に頼らない健康な体作りを目指しましょう。   
お薬を減らす際はお体の状態を見つつ、
かかりつけのお医者さんとよくご相談ください。

🔴治療について
治療は痛くも熱くもありません。
むしろたいへん心地よく、
ほとんどの方が治療中眠気をもよおすほどです。
治療後は普通の日常生活をして差し支えありませんが、
より効果を高め、維持するために、治療当日は過激な運動を避け、
アルコールも控えめに、お風呂は短めになさるのが良いと思われます。

鍼に敏感な方などに、まれに治療後一時的にだるくなったり、
症状が激しくなった様に感じる事がありますが、
お体がより健康に向かうために必要な反応です。
多くは1~2日安静にすることで落ち着きますが、
なかなか落ち着かない様な場合はお電話でご相談下さい。

image31.jpg
image41.gif
image61.gif
image122.jpg
image61.jpg
image31.gif
image21.jpg
image51.gif
illust3008_edited.jpg

トップに戻る